ブログ

人生100年時代の働き方のカギとなる健康経営

弊社のHPをご覧いただきありがとうございます。

CREATEでクラーク(事務・総務)をしております内堀(うちぼり)です。

最近、コロナ渦という環境もあり働く環境が変化してきたことで

私たちの「心と身体」にも大きな変化が表れてきたように思います。

経営者の方たちにとっても、将来に向けた労働力の確保や従業員の定着、活躍の重要性が求められているかと思います。そうした中、多くの企業では従業員の健康増進を重要な経営課題と位置づけ、積極的に対応を進める動きが広がっています。

それが「健康経営」!!

☆従業員の健康に配慮することが、企業の持続的な成長につながる

従業員の健康を増進することで、医療費を削減できるだけでなく、生産性の低下の防止や企業の収益性向上など、さまざまな効果が期待できます。

☆労災やメンタルヘルス対応は、企業の社会的責任

労働力不足の中、人材の確保・定着に悩む多くの企業にとって、労働災害への対応は今後とも避けて通れない問題ですよね・・・

私は大学生の子供が2人おりますが、ある時「将来どんな企業に就職したいの?」という話をした時がありました。その時の2人の答えは「選べる立場ではないかもしれないけど・・“お給料”よりも“健康や働き方”を重視して考えたい」と話していました。

これからの社会には「従業員を大切にする会社」が大事になってくるのではと思います。

○2030年のあるべき姿

2013年6月、政府が閣議決定した「日本再興戦略(JAPAN is BACK)」の中の、「戦略市場創造プラン」より

1)効果的な予防サービスや健康管理の充実により、健やかに生活し、老いることができる社会

2)医療関連産業の活性化により、必要な世界最先端の医療などが受けられる社会

3)病気やけがをしても、良質な医療・介護へのアクセスにより、早く社会に復帰できる社会

皆様、色々と対策をされているかと思いますが、例として弊社の「健康づくり」をいくつかあげてみました(*^-^*)

①健康診断の予約を会社から予約(再検査、要治療になった方には会社から再検査の予約)、健診結果管理

②休暇取得の推奨

③管理職による早期帰宅の呼びかけ

④病気の治療と仕事の両立支援(昨年、手術・入院した時のサポートはすごく助かりました!)
⑤社内に相談者を設置する

⑥家族の誕生日は休みを取る(弊社では“祝っておいDAY!!”という名前のお休みです、これはすごく嬉しい(≧▽≦))

健康づくりに取り組むと、様々なメリットがあります。

1.生産性の向上・・・働く意欲の向上・欠勤や離職率が低下

2.リスクの低減・・・労災事故の発生を予防

健康経営に取り組むことで、困難なコロナ禍を会社全体で乗り切っていきましょう!

関連記事

  1. ビジネスメール
  2. 今年も桜が満開でした。
  3. 健康診断(*´˘`*)♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP