ブログ

事業者用の持続化給付金

新型コロナウィルス感染症の影響により、影響を受けた事業者に対して、事業の継続を少しでも支える経済対策として、法人200万円・個人事業主100万円の「持続化給付金」が昨日4月30日に補正予算を可決・成立しました。
本日5月1日から申請可能で、書類などが揃えば約2週間程度で着金予定となっています。

多くの事業者様からご相談を受けていますので、ポイントを纏めます
・法人200万円、個人事業主100万円まで
※ただし昨年1年間の売上からの減少分が上限です
給付金=前年の総売上-(前年同月比で-50%となった月の売上×12か月)
例)前年の総売上500万円で昨年の4月売上が50万円、今年の4月売上が20万円だった場合  500-(20×12)=260(万円)>200万円(上限額)=給付金200万円となります。

・ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者様が対象
・月々の売上高がわかる資料、法人事業概況説明書(法人)、確定申告書(個人事業主)を 用意する必要があります。

詳細な申請方法や用意するものを纏めているサイトも
https://www.jizokuka-kyufu.jp/procedures_flow/

中小企業庁の持続化給付金事業 コールセンターもあります
0120ー115ー570 全日8:30~19:00

弊社ではご契約者様に向けて、申請についてのご相談をお受けしております。
ご質問点などございましたらお気軽にお問合せください。

関連記事

  1. URIHO(ウリホ)代金未払いに備える保証サービス
  2. 今の日本とお金の話(前編)
  3. 病気やケガで休んだ時は「傷病手当金」
  4. コロナにかかった際の治療費や保険金請求について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP